About Vendange of Vendange by CROW DOG

HOME > About Vendange

Brand Concept

Vendangeとは...

_MG_8872.gifVendangeはスタンダードで機能美を追求しながらも、手づくりの雰囲気を強く残した物作りをテーマにスタート致しました。ヴィンテージの語源でもある「Vendange 」の言葉は「ぶどうの収穫」の意味以外にも「特定の年代に作られた良い物」の意味を持っています。Vendangeでは素材の持ち味を活かし本物を追求した物作り、時間が経過しても良いと思える最高の逸品を制作していく事をコンセプトに展開しています。素材の優劣に左右される物作りではなく、素材に頼りすぎない事、可能な限り手づくりである事それがVendangeの誇りです。

Profile

制作者プロフィール

blog4-1.gif主宰 齋藤宏幸
武蔵野美術大学デザイン科卒業後、1998年に手縫いによる革小物ブランド「CROW DOG」を、2010年には自身に制限のない物作りをテーマとしたニューブランド「Vendange」をスタート致しました。身近にあるちょっとした物が幸せであると感じる物、シンプルなデザインの中にも美しい色、形、感触を堪能出来るような物作りを心がけております。大量生産は出来ませんが一つ一つの作品がストーリー、テーマを持ち、革、真鍮といった素材に深く興味を持って頂ける事を願い日々制作に打ち込んでおります。所有する喜び、楽しさを体感して頂ければ幸いです。

Hand dyeing

手染め

_MG_9188.gifVendangeの革は鹿革と一部の製品を除き、全て手染めによる染色を施しております。カラーバリエーションは複数あり、従来の革小物では出せないような珍しい色、魅力的な色を展開しております。手染めという手法はムラ染め、ぼかし染めなど複数の色を重ねて奥行きを持たせ、革表面に思い通りの表情を付ける事、アイテム一つ一つのパーツに細かいマチエールを付けていく事が可能です。染色の工程は全て手作業で行うため大量生産が利きませんが、同じ物が二度となく何処か古風で人間味のある雰囲気が特徴です。また革素材の需要と供給に左右されない独自の物作りが出来るというメリットがあります。

Aging

手染めによる染色革の経年変化

_MG_9148.gif手染め染色により幾層にも重ねられた複数の色は時間の経過と共に退色、下地となる革の日焼け、酸化による経年変化と混じり合う事で劇的な変化を遂げ、従来の革小物とは違う独自のエイジングを楽しむ事が出来ます。更に使用するという行為が重なり、艶が増し一つ一つが違う表情を作り上げていきます。

*サンプルはシアンブルーに手染め染色を施した物です。時間の経過と共に使用する事でダークグリーンへと変化していきます。エイジングによる色変化は各色異なっております。

Brass metal

真鍮金具

blog21-1.gifVendangeで使用する金具類は一部の製品を除き真鍮製、シルバー製の手づくり金具、及びメッキを施さない無垢真鍮金具となります。自然より産み出された鉱物(真鍮、シルバー)は永久に朽ちる事なく天然皮革と共に経年変化をし、劣化する素材を補う役割を果たします。2011年よりラインナップされたブラスボタンシリーズでは一つ一つを手づくりで制作しており、古代文化より扱われてきた装身具の様に、アイテムの装飾品として「飾る」、「守る」という意味を持っています。末永く大事に使って頂く願いを込め一つ一つに命を吹き込みます。